« ラジオ体操 | トップページ | 定休日ですが »

2007年2月13日 (火)

「使命と魂のリミット」という本

基本的に、私、小説好きです。


先日のロシア旅行からの帰りに
羽田空港の本屋さんで購入したのは、

東野圭吾さんの「使命と魂のリミット」。



使命と魂のリミット 使命と魂のリミット

著者:東野 圭吾
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本を読むなら、一気に読んでしまいたい派の私。

途中で読むのをやめると、その先のストーリーが
「とてもとてもとーっても」気になって
(ほんとに)仕事が手につかないので。


ようやく、先週の日曜日に本を開き、
(ちょっと分厚かったので、一気に読めそうな暇な日を探していました。)

だだだーっとその日のうちに一気に読んでしまいました。


(内容にはあえて触れませんが)私の好きな本で、満足!



ほんとに、東野圭吾さんの本、ハズレなし、です。(←私にとって)

この本は、
「本を読んだ」というより、テレビなどを通し
「目で観た」感があります。

目で観てる感覚があるので、
もちろん、自分の中でキャスティングも決定。

私が先に読んでいた本が、
映像化(例えば映画やドラマ化)されると、
当たり前ですが、私のキャスティングと違ってくるので


「ちょっとね、違うんだよねー、困るなー」って思います(笑)

|

« ラジオ体操 | トップページ | 定休日ですが »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「使命と魂のリミット」という本:

» アマゾンの紹介 [本ならアマゾン]
本・DVDを買うならアマゾンオンラインショップがオススメ。1500円以上で送料無料になります。 [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 08時02分

« ラジオ体操 | トップページ | 定休日ですが »