« アロマな生活 | トップページ | 秋の夜長?! »

2009年10月 2日 (金)

聖川平教会とお天気!

2009年10月2日(金)


時刻は午後6時30分

美容室のにぎやかも一段落。


西島本舞です。




最近サロンドキミコでは

聖川平教会での挙式の
お問い合わせやご予約が増えています。



聖川平教会は
とても小さな教会で、海がすぐ目の前で
波の音が聞こえます。

心から祝福されて
アットホームな挙式をしたいお二人に

あと、きちんと結婚を誓いあいたい
二人っきりでの挙式をお考えのお二人にも


本当におススメです。







ここ石垣島は、
一年中、ハワイのように
青い空、青い海、白い雲、サンサンと太陽

のような天候ではありません。



10月ごろから冬にかけての石垣島は
北風がだんだんと強くなり、空も、どんより曇り空


のほうが多くなりがち。



もちろん、冬は寒いです。


とはいえ、最低でも、13度くらいまでしか下がりませんけど(笑)





だけど、住んでいると寒いんです。

我が家は毎年コタツを出してます(笑)






冬の北風は、ほんとに強くて
砂浜での写真撮影の時は、砂浜の砂が、風に飛ばされて
ビュンビュン飛んでくることもあります。

(これが結構痛いんです・笑)

カメラマンさんのレフ板が風にあおられて
遠く遠くへ飛ばされることもあります。

(走って追いかけます・笑)






夏は夏で
今も17号、18号と大きなヤツが発生していますが

沖縄の夏の定番「台風」はもちろん

晴れ、大雨、晴れ、大雨のように
一日で天候がコロコロ変わる日も、よくあります。




だから

石垣島で挙式!とか
石垣島でロケーションフォトを

と、ご希望される、みなさんの一般的なイメージ

「青い空、青い海」「輝く太陽の元」での
「挙式」や「写真撮影」は、

必ずしも行うことが出来る、とは、お約束できません。





聖川平教会で挙式の場合も
目の前に海、教会の横からすぐ砂浜におりれて

挙式の後は、砂浜ですぐに写真撮影が出来る



とはいえ




お天気に恵まれない時は

青い海も、白い砂浜も、輝く太陽も、青い空も
もちろん、砂浜での写真撮影も


全部、お預け。




でも、それで
お二人の結婚式が「いい結婚式じゃなかった」「最低だった」
ということではない


・・・ということを
サロンドキミコではお客様にお伝えしています。




お天気は誰のせいでもありません。




例え、大雨、大嵐でも

お二人が、心からみんなに祝福されて、
お互いに心から結婚を誓えて
笑顔がたくさんあって

そして

今日の日を迎えることが出来て、本当に幸せ!
とお二人が心からそう思えたら


大雨大嵐、のお天気ですら、
絶対にいい思い出になる、と私は信じています。


また、お二人の大切な一日を
お二人が「楽しくって幸せ~!」と思える

そんなお手伝いをするのは
お二人のブライダルを担当する私たち。


重要で、重大な仕事をしているなー
頑張らないといけないなー



責任重大です。




もし、お天気に恵まれなかった時は


最悪~、とか、ついてないよー

とは思わずに、

いいお天気は「次回」の石垣島旅行の楽しみにとっておいて
また、お二人で、ご家族で、石垣島に帰って来て下さい。



そして、どんなお天気でも、
石垣島での挙式や写真撮影の一日を
お二人でいっぱいいっぱい楽しんでほしいと思います。


で、その時の写真を何年後か、何十年後かに二人で開き


「この時の大嵐、超すごかったよね~」
「前日まで超晴れだったのに、笑ったよね~!」

となんて言いながら


「でも、いい一日だったよね~」
「楽しかったよね~」


と、石垣島での挙式の日や、写真撮影の日を
思いだしてもらえたら


そんなに嬉しいことはありません。


そのために、私たちも頑張りたいなーと思っています。





今月もサロンドキミコでは
何組もの挙式やロケーションフォトのお客様をお迎えします。



なので、とりあえず

台風17号、18号は、石垣島、いやいや、八重山全体に



来ないでーーーーーー。



これが今一番の願いです!

|

« アロマな生活 | トップページ | 秋の夜長?! »

ウエディングサロン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖川平教会とお天気!:

» 台風17号 [しんじの出来事]
台風17号の進路 普通の台風は日本に近づくに従って、偏西風によって東へと進路を... [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 22時57分

« アロマな生活 | トップページ | 秋の夜長?! »