« シンプルなドレスがおすすめ。 | トップページ | 島のさかなやさん。 »

2013年7月 2日 (火)

誓いの言葉。

2013年7月2日(火)PM11:20

フォトウエディングやホテルウエディングの仕事だけでなく

ウェディングプランナーの仕事として、
お客様の想いを1から形にする
オリジナルウエディングのプロデュースもしています。


デジカメを購入した2003年あたりから
ウェディングプロデュースの記録としての

「写真」を残していますが

初めてのデジカメから10年たった今、

やっぱりそれ以前のお客様のプロデュースも、
どうにかこうにか、せめてフィルムでもなんでも
「写真」で記録に残しておけば良かった

そんな後悔があります。


プロデュースの場合、
会場探しから、会場設営、お花、司会、タイムスケジュール作り
ゲストの待ち時間や移動について、二人の衣装とヘアメイク
とにかく何から何まで、仕事の範囲が広いので

忙しいから「写真なんて撮れないよ」


と、記録に残すことをしないでいた私。

今、激しく後悔しています。


「写真」を撮らないことの後悔は、

その時ではなく、それから時間がたったあと、
その瞬間から、取り返しのつかない時間が過ぎたあと、

大きな後悔となってやってくるんだと、実感しています。



・・・今日はそんな写真の後悔の話ではなく
久々に昔の写真データを見ていたら見つけた
2003年、琉装で挙式をされたお二人の
「誓いの言葉」の画像の話。

誓いの言葉。

基本的に私の人前式のプロデュースの場合、
挙式当日のご本人の直筆で
誓いの言葉を書いてもらうことが多いです。

それも前もって書いて頂き準備する、でなく
できれば、挙式の当日、
心を込めて誓いの言葉を書き入れてもらっています。

やっぱりそういう時間も、大切だと思います。


今日の写真のお二人が書いたのは、
新郎が書いてくれた

「お互いの」「お互いを」「お互い」


共に誓う誓いの言葉でした。

この日のご列席はご友人だけでしたが

ご両親へもちゃんと想いを伝えたいという事で
挙式の中で、ビデオを回し
ご両親へも想いをしっかり伝えていたことを
この写真を見ながら併せて思い出しました。

結婚式のスタイルはそれぞれ。

結婚を誓うお二人の、お二人らしい挙式を
作り上げていくプランナーという仕事。


お二人のためだけに

不可能にはきちんとノーが言えて
出来るかも知れない可能性のある事にはイエスと言える
そんなウエディングプランナーとして、
これからも頑張りたいと思った今日でした。


「お二人のためだけ」の
石垣島ウェディング、そして、石垣島フォトウェディングが
これからもいつまでもご提案できる私たちでありたいです。

|

« シンプルなドレスがおすすめ。 | トップページ | 島のさかなやさん。 »

ウエディングサロン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誓いの言葉。:

« シンプルなドレスがおすすめ。 | トップページ | 島のさかなやさん。 »