仲村渠「堀口さま、どうぞ」

堀口「ありがと」