夕食のレストランからホテルへのバスの中

満腹と一日の疲れからか

誰も相手をしてくれないので(笑)

かわいい看板を探し、
車窓から一人さみしく写真撮影開始・・・。