「凍った川の上に立つ私」

そんな写真を撮ってもらおうと、
白く凍った「ネヴァ川」に向かう堀口。

川に片足を乗せた瞬間、

「バリバリバリ~」(←効果音)
堀口 「きゃっ」(←以外に小声)
まわりの人々「えっ?あっ!」

堀口の片足が氷を突き破り
凍った川の中に~!!!