ホントに

嫌だったら、
断ってくれてもいいんだよ・・・

堀口・・・。